ガン告白の堀ちえみさんを以前から執拗に批判していたサイト 自戒を込めて苦言を

エンターテイメントは大切です。ネットニュースに限らず、紙媒体でもタイトルは非常に大事にします。タイトルだけに全てを注ぐ編集者もいます。それはそれで重要な役割な訳です。が、しかし人の命のかかわる事だけは、茶化してはいけません。エンターテイメントにしてはいけません。

これは編集者であろうが、ライターであろうが、ネットニュースであろうが紙媒体であろうが、大原則であるべきだと思います。

言論の自由が、大前提として保障されています。しかし言論の自由は実は、残酷な面も持っています。大原則として「何を言ってもよい」「何を書いてもよい」のです。その後に「どんな批判を受けてもしょうがない」という項目があります。