「もう通り魔やるか…」 人を殺しかかる寸前で自分を止めることが出来た元会社員のSNSが「役立つ!」と話題

Twitterに投稿された『マジで通り魔やるかって決意しかかってやめた時の話』という体験談が「この視点は知っておくべき」としてネットでまとめられ、話題になっています。

川崎市の登戸駅付近で起きた19人殺傷事件。小学生らを切りつけた後、自ら首を刺して死亡した岩崎隆一容疑者について、『追い詰められて極まった人間に「何があっても他人を殺してはいけない」なんて言葉は届かないんすよ…今回の犯人がどんなものを背負ってたかは、もはや知るよしもないけれど』と語るのは「メンズカウンセラー」として活動する中村カズノリ氏。

関連記事:通り魔被害の子どもたちに「逃げられたはず」「学ぶいい機会だ」と“犯罪に詳しい”専門家が笑顔でコメント | TABLO

そして『ちょっくら、ぼくが以前「マジで通り魔やるか」って決意しかかってやめた時の話でもしましょうか』と自身の体験を投稿した一連のツイートが話題になっています。