能町みね子×吉田豪 対談『ヘイトとフェイクニュース』を語る|第二回 「意識高いサロン系の人々について」

本サイトのキャッチフレーズは「人にやさしい」です。その「心」は反ヘイト、反フェイクです。

いつまで経ってもなくならない、ヘイト(差別発言)。本サイトはしつこく、そしてきっちりとそういった風潮に対峙していきます。しつこく対峙していきます。

第一回の対談では、ヘイト・フェイクニュースの正体を語って頂いた能町みね子さんと吉田豪さん。話は更に続き、ネット上で何となくざわざわする人々。意識高い系のサロン系の人々の台頭について語っていただきました。(本サイト編集長・久田将義)

関連リンク:能町みね子×吉田豪 対談『ヘイトとフェイクニュース』を語る|第一回 「あなたの正義」を疑え | TABLO

勢力を増す「サロン」の人々

吉田:意識高い系的なもの、いまでいうオンラインサロン的な人たちって能町さんは苦手ですよね。

能町:苦手です!

吉田:最近、思ったよりそういう人たちが力を持ってきてる感じしないですか? 昔から高橋歩~サンクチュアリ出版的なものにはボクも警鐘を鳴らしてきたつもりなんですけど、高橋歩自身は失速したのに、その影響下にあるような人たちがどんどん増えているというか。

能町:ありますねー。最近だと、『タモリ倶楽部』に箕輪厚介が出たときちょっとショックでしたよ(笑)。こういう形でも登場しちゃうんだ、と思って。『サンデージャポン』にも出てましたけど、そのときは緊張してたのか、ずっと右手をモシャモシャ動かしてたんですよ。面白かったんで「箕輪厚介がずっと右手モシャモシャしてる」って書いたら、本人がRTしてきて怖かった。あのツイートについては、すみませんでした(笑)。

吉田:最近は箕輪★狂介名義で歌手デビューして、「ぼくりり」の曲とか歌ってるんですよね。

能町:そういえば、「ぼくりり」ってどうなっちゃってるんですか? どんどんカッコ悪くなっていってる気がするんですけど……。

ーー「ぼくりり」って何?

能町:「ぼくのりりっくのぼうよみ」っていう……ラッパーって言っていいのかな。

吉田:ラッパーっていっても久田さんが考えるようなラッパーではないです。

ーー2PACとかじゃないんだ。

吉田:当たり前です!

参考記事:芸人・水道橋博士 VS 幻冬舎の「天才編集者」・箕輪厚介氏のガチンコ・ボクシングを見て|久田将義 | TABLO