元SPEED上原多香子さんの再婚相手で演出家のコウカズヤ氏がSNS発言で劇団から退団処分の謎

SPEED上原多香子(36)の再婚相手で演出家のコウカズヤ(41)が、Twitterでの発言を謝罪し、主宰していた劇団から退団処分を受けたことをTwitterで発表したのが報じられた。

関連記事:元SPEEDの上原多香子さん妊娠 お相手のコウカズヤ氏ってどんな人? | TABLO

コウカズヤが主宰していた劇団「BuzzFestTheater」の公式ツイッターには、「当劇団の脚本・演出を担当しておりましたコウカズヤは本日5月29日をもちまして退団となりました。この度、本人のSNSでの発言におきまして皆様へ大変ご不快な思いをさせてしまいました事、心よりお詫び申し上げます」と記載されている。

問題のSNS発言とは、今月、妻の上原を非難する投稿が炎上していた際に、上原の元夫で14年に亡くなったヒップホップグループET-KINGのTENNさん(享年35)の死について、「自殺するような子供になったら親の責任なんで、その時はそんな子供にしてしまった自分を責めますよ」というコウカズヤの投稿ようだ。

関連記事:上原多香子さんへの止まらない誹謗中傷 夫が応戦しさらに炎上 「自死遺族を傷付けるな!」という“他人”の正体とは | TABLO

上原多香子との交際が発覚して以降は自殺や不倫をテーマにした脚本が増えていたとの指摘もある。