トランプ再訪に向けて警察は本格的に“闇民泊”を取り締まりはじめた 大阪で6月にG20サミット開催

令和初の国賓・トランプ大統領来日が、やや過剰とも思えるほどの注目を集めたのは周知の通り。実はこのトランプ大統領、約1カ月後の6月28、29日に行われる20カ国・地域首脳会議、いわゆるG20サミットでも再び我が国を訪れる予定だ。

その開催地となる大阪では、その地ならしが急ピッチで進められているのだが、そんななか産経新聞(5月18日)の報道に注目すべきモノがあった。それは、大阪府警と大阪市が「客引き」や「スカウト」の一斉取り締まりと、約4800の「民泊施設」の調査を開始した、という記事である。

客引きに関しては、すでに本サイトや他メディアでも報じているよう、半グレ集団の関与も疑われる高額のボッタクリ事件がミナミ・キタの双方で多発している。また、今回の一斉取り締まりでも、私服の女性警察官に声をかけたスカウトが府の迷惑防止条例違反で逮捕された。

関連記事:今度は「キタの繁華街」でボッタクリ事件が勃発! 大阪の飲み屋街は緊急事態に陥っているのか? | TABLO

記事によれば、大阪市や府警など行政側は、このG20サミットを機に“クリーンな大阪”を世界に発信したい意向があるという。確かに、いまや無法地帯化しつつある大阪の歓楽街が少しでも安全になればいいのだが、元はと言えばそれまで放置してきたのは大阪府警などの行政であって、正直、泥縄感がなくはない。

とまれ、ここで注目したいのは客引きやスカウトの摘発のみならず、民泊施設の調査を行政がクリーン化の主軸にした、そのワケだ。