漫画『悪い女はレイプしよう』論争 痴漢に安全ピンがOKなら悪い女には男が暴力で攻撃しても良いのか?

「痴漢に安全ピン」に対する風刺漫画「悪い女はレイプしよう」が大炎上。批判の声に対し作者は『ご自身の視力と読解力と知能をお確かめになられてはいかがかしら?』と反論。

参考記事:『元露出狂が綴る防犯対策ブログ』が大紛糾! 「ためになった!」の声あれば「普通に腹が立った!」と大炎上 | TABLO

ここ最近ネット上で議論を呼んでいる「痴漢に安全ピン」という話題。そもそもの始まりはTwitterに投稿された「人生初めての痴漢被害にあった時、保健の先生が言ったこと」という漫画でした。投稿者が中学生の時に痴漢被害にあい、それを教諭に相談したところ「次痴漢が出たらそれで刺しな」と安全ピンを渡されたという内容でした。

「安全ピンは個人的にはアリです。」「今度から持ち歩く」といった声もある一方で、

「傷害罪では?」「冤罪だったらどうするの?」「逆上されるかも」といった否定的な声も上がっており、賛否別れています。

こうした騒動の中で更に話題になったのがTwitterに投稿された漫画「悪い女はレイプしよう」でした。