ジャニーズJr.を取りまとめる若き社長・滝沢秀明 「単独ドーム公演」をぶち上げ、話題を作る手腕

昨年末、多くの人に惜しまれながら芸能界を引退し、現在はジャニーズJr.を取りまとめる会社・ジャニーズアイランドの社長として活躍している滝沢秀明さん。ジャニヲタには“タッキー社長”と呼ばれて親しまれている様子の滝沢さんですが、そんなタッキー社長が5月26日、ジャニーズJr.のSnow Man、Travis Japan、なにわ男子のさいたまスーパーアリーナで合同のコンサートを開催。そしてそこで「ジャニーズJr.の単独ドーム公演」を発表し、おおいに話題を呼んでいます。

関連記事:山Pのインスタデビューで凄まじいフォロワー増 妹もカリスマ・ブロガー タッキーのSNS戦略成功か | TABLO

ジャニーズJr.の単独ドーム公演は2000年以来19年ぶりということで、タッキー社長はメディア取材に対して「僕たちが見た景色を見てほしい」と熱く語ったそう。現場でもタッキー社長の姿はファンに多く目撃されており、黒いスーツに黒ネクタイの男前な姿にノックオンされたコメントが続出していました。その一方で、現在のメンツでの「ジャニーズJr.の単独ドーム公演」には無理がある、という意見も出ているといいます。

1月にジャニーズアイランドの社長に就任後、Jr.の公式エンタメサイト「ISLAND TV」を開設したり、女性誌『anan』の表紙にSixTONESを抜擢させたり、SixTONESをテレビCM「モンスターストライク」に出演させたり、5月17日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の亀梨和也の歌唱時にジャニーズJr.のグループである美少年をバックで躍らせるなど、かなりジャニーズJr.の露出を頑張ってきたタッキー社長。