全国の秘宝館の魂を受け継ぐ、ディープな飲み屋が大塚に誕生!|Mr.tsubaking

バブル期に、全国の観光地や温泉地を中心に数多く作られた秘宝館。

現在は斜陽の一途を辿り、数えるほどしか残っていないばかりか、現役の秘宝館もお世辞にも賑わっているとはいえない状況が続いており、絶滅してしまうのもそう遠くないとも言われている。

2019年4月、そんな中で東京の大塚に新たな秘宝館が誕生した。その名も「ニュー秘宝館」。

秘宝館といっても、温泉地や観光地でもない大塚に誕生し、いわゆる「エロ博物館」といった展示品がずらりと並ぶスタイルとは全く違っている。

陽の高い時間でも怪しさを醸し出す紫のシェード。最新の秘宝館は飲み屋である。

店内へ入ると、その雰囲気にぐっと引き込まれる。まず目を引くのが煌煌と輝く巨大なネオンサイン。

ここ「ニュー秘宝館」は、閉館する秘宝館から所蔵品を譲り受け、店内の装飾としている。巨大なネオンサインは、日本一の秘宝館との誉れも高かった嬉野観光秘宝館(佐賀県/2014年閉館)の、外にあった看板をもらってきたものだ。

カウンターの背後に掲げられたロゴは北海道秘宝館(2010年閉館)から譲り受けている。ネオンサインの下に描かれた壁の大きなイラストも、北海道秘宝館にあったものを、職人さんに頼んで再現してもらっている。

参考記事:伊豆大島に伝わる奇習・日忌様とは? 「1月24日の夜は海を見てはいけない」 | TABLO