顔が似てきた 坂上忍がテレビ界の嫌われ者、みのもんたになる日|久田将義

もはや、平成最後から令和の初め(現在)において、テレビで見ない日はない坂上忍。テレビ業界を仕切っている人物が周期的に出現するものです。

以前までは有吉弘行。しかし、彼はクレバーであり、毒舌キャラはラジオに残し、テレビでは「巧妙なMC」に徹しています。視聴者には優れたMCとして定着しました。

関連記事:東大卒タレントを生け贄に「たかが東大」「上から目線」と真っ昼間から放映された『バイキング』の“差別ショー” | TABLO

その後、坂上忍が「ブスは嫌い」キャラ・発言でブレイク。

10年くらい前。坂上忍のような存在のMCがいました。みのもんたです。まず彼は「笑っていいとも」の裏で日テレ『午後は〇〇思いっきりテレビ』で一躍お茶の間の顔になります。それ以外にもバラエティなどに露出。まさに現在の坂上忍状態になっていたのです。

みのもんたは、「昼は制した」とばかりに朝の番組『みのもんたの朝ズバッ!』のMCに抜擢されます。確かにこの時点で「朝と昼はみのもんた」状態になっていました。

みものもんたは弱い者には強く、強い者には卑屈な笑顔で乗り切っていました。一般人に対して、部下のごとく叱る姿は「弱いものには強い」典型でした。