「ハウス型電子マネー」を知っていますか? Suicaや楽天Edyより高還元率でおトクなカードがあった!

JR東日本のSuicaや楽天の楽天Edy、イオンリテールのWAONなど、交通系や大手GMS(総合スーパー)の電子マネーは世間にだいぶ浸透しています。これらは「共通電子マネー」と呼ばれて、いろいろな店舗で利用できて、ポイント付与の得点を受けられるのが特徴です。

一方、電子マネーには自社ブランドのみで利用できる「ハウス型」と呼ばれるタイプもあります。それらは一社が運営する店舗でしか使えないというデメリットはあるものの、共通電子マネーよりもポイント付与率が高かったり、さまざまな特典を受けられるなど、お得になる場合も多いんです。メジャーどころでいえば、スターバックスが発行する「スターバックスカード」じゃないかと思うのですが、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

そんなハウス型の電子マネーを提供するのは、スターバックスだけではありません。そこでメジャーなお店であり、お得な特典を受けられるハウス電子マネー3つをご紹介しましょう。

関連記事:消費税増税に合わせて「キャッシュレス決済ポイント還元」がスタート 他人と差をつけるおトクな買い方 | TABLO