起業後最大の危機か 幻冬舎・見城徹氏の発言に日本を代表する作家たちが反論 謝罪するも論点ずらしと指摘

ここ最近、幻冬舎がゴタついていることを皆さんご存じですか?

関連記事:小説家の花村萬月氏『幻冬舎で本は出さない』と発言 見城徹氏『訴訟するしかなくなる』と徹底抗戦の構え | TABLO

経緯については、作家の津原泰水さんが自身のTwitterで百田尚樹さんの著作『日本国紀』(幻冬舎)を批判したところ、幻冬舎から刊行予定だった津原さんの文庫本の出版が取りやめに。これについて津原さんが「違法な圧力ですよ」と訴えたところ、幻冬舎の見城徹社長が「こちらからは文庫化停止は一度も申し上げておりません」と自身のTwitterでツイート。

さらに5月16日、「津原泰水さんの幻冬舎での1冊目。僕は出版を躊躇いましたが担当者の熱い想いに負けてOKを出しました。初版5000部、実売1000部も行きませんでした。2冊目が今回の本で僕や営業局の反対を押し切ってまたもや担当者が頑張りました。実売1800でしたが、担当者の心意気に賭けて文庫化も決断しました」と暴露したのです。

この見城さんの“本の実売を晒す”という禁じ手は文壇界にかなりの衝撃を与え、作家たちが続々と怒りを表明されるという大騒動に発展。事態を重くみたのか、見城さんは5月17日のTwitterで「編集担当者がどれだけの情熱で会社を説得し、出版に漕ぎ着けているかということをわかっていただきたく実売部数をツイートしましたが、本来書くべきことではなかったと反省しています。そのツイートは削除いたしました。申し訳ありませんでした」と謝罪したのです。

この見城さんの暴露行為に対し、多数の作家が次々と批判を自身のTwitterで展開しました。