仮想通貨「冬の時代」は終わったのか 4月からビットコインを中心に“爆上げ”が続く理由とは

ここ数日、仮想通貨がエラいことになっています。というか、この原稿を書いていた5月16日にビットコインがまた90万円を超えたり、リップルもまた50円突破しました。4月の爆騰から順調すぎるほど順調に推移していて、いよいよ〝冬の時代〟と呼ばれた低迷期が終わるのでしょうか。

関連記事:いきなり大暴騰したビットコイン! フェイクニュースを信じたのか、ポンドを捨てているのか、未だ原因不明! | TABLO

そこで今回はビットコインの価格にまつわるデータを調べてみました。

グラフは2017年・2018年・2019年のビットコイン価格(ドル)をグラフ化したものです。というか、あらためて見てみると、たった3年弱ですごいレンジで上下したもんだなと…。ふり幅がハンパないわけで、そりゃ〝億り人〟も出るわという話ですね。

ともあれ、仮想通貨バブルに沸いた2017年(青色のグラフ)は1月の800~1000ドル台から徐々に値を上げていき、11月あたりには1万ドルを突破。12月には1万9000ドルを超えていて、たった1年間で20倍近くも動いていました。