小説家の花村萬月氏『幻冬舎で本は出さない』と発言 見城徹氏『訴訟するしかなくなる』と徹底抗戦の構え

『俺が駆け出しのころだ。』といった書き出しで始まったツイートには、現在幻冬舎の代表取締役社長である見城徹(けんじょう とおる)さんを非難する内容が含まれていました。

まだ角川書店の編集者だった見城氏に出会ったという花村萬月(はなむら まんげつ)さん。そこで見城氏から言われた言葉が衝撃的だったという。

『見城は仰有った。
「ボクは小説は最後しか読まない。」』

『それは文字通り、小説のラストだけ目を通して、すべてを決めるということで、雑念が入らぬぶん、当たりを出せるということ──らしい。』

最後しか読まない編集者の会社から本を出したくないと角川書店との仕事をやめようとも思ったそうですが、見城氏は自分の担当ではないし担当者とはとても馬が合うという理由で、思いとどまったそうです。

小説家と編集者の間で意見が合わないという事は往々にしてある事とは思いますが、花村氏の見城氏に対するツイートは更に過激化していきます。

参考記事:見城氏についての言及があります 博士が生放送中に番組を降板した「真」の理由 『水道橋博士×町山智浩 がメッタ斬りトーク』 | TABLO