『バイキング』(フジテレビ系)が異様な特集を組む「小室圭さん問題」とは何なのか 執拗な小室叩きの謎

5月7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、異例ともいえる長さで放送された小室圭さんの特集が話題を呼んでいます。

関連記事:迷走してきた番組 東大卒タレントを生け贄に「たかが東大」「上から目線」と真っ昼間から放映された『バイキング』の“差別ショー” | TABLO 

小室さんといえば、秋篠宮家の長女・眞子さまと2017年9月3日に婚約記者会見を行ったものの、その後週刊誌にて母親による元婚約者への借金問題が発覚し、2018年2月6日に宮内庁により2020年まで結婚式を延期することが発表されました。騒動さめやらぬ中、小室さんは2018年8月7日にアメリカ・ニューヨークへ弁護士資格を取得する目的で留学され、現在に至っています。

番組では、小室さんの近況や担当弁護士による小室さんの最新の心境などが紹介されており、その内容がスタジオにいるタレントを始め、世間を大いに驚かせたのです。小室さんは果たして、現在どのような心境でいるのか? 小室さんと眞子さまの間にあった様々な出来事なども振り返りつつ、紹介したいと思います。

番組では、小室さんが過ごすニューヨークでの留学先を取材。小室さんが住む学生寮についてや餃子パーティ参加といったプライベートの動向などを紹介し、さらに小室さんが現在目指しているという弁護士という仕事をアメリカで行うことの難しさなどについても触れていました。そして、番組最後には番組スタッフの取材による小室さん側の代理弁護士によるコメントをディスプレイで紹介。そこには、下記のような文章が掲載されていました。

以下、原文ママです。