覚えていますか? 新天皇が大ファンだった世界的美人女優ブルック・シールズを衝撃映像で!

5月1日、皇太子徳仁親王が天皇として即位された。令和という元号のもと新しい時代が始まったのだ。

新天皇が皇太子だったころ、ファンだと公言した芸能人が少なくとも二人いる。一人は日本人の柏原芳恵で、もう一人はアメリカ人女優のブルック・シールズである。こうしたことがマスコミで報道されてきたからこそ、私もそうなのだが身近な存在として長年感じることができたのではないだろうか。この項ではブルック・シールズとの関係について話してみたい。

写真週刊誌『FOCUS』(1990.11.9)には陛下がブルック・シールズに恋い焦がれていたころのことが記されている。以下、抜粋する。

「皇太子殿下がブルック・シールズのファンであることを日本国民が知ったのは殿下がオックスフォード大学マートン・カレッジでの勉学を終えられた5年前のことだった。学生寮を出られるにあたってそれまでのご自分の部屋を公開されたのだが、なんと、壁には、ベッドを見おろすように彼女の特大のポスターが張られていたのである」

記事にある写真を見ると、ベッドの壁にブルック・シールズのポスターが陛下を見下ろすように画鋲で止められているのがわかる。ポスターのブルックはいかにも清純派といった顔立ち。しかし、ブルックはすでに『青い珊瑚礁』や『エンドレス・ラブ』ではかなりきわどいラブ・シーンを披露する人気女優であった。陛下はそんな彼女の一面を知った上でファンであられたのだろうか。

それはともかく、陛下のまっすぐな思いは本物だったようで、実際に何度かブルックと対面を果たしている。1度目はさきほど紹介した寮の退寮直後のことだ。