知らなかった…芸能界の「ボンボン」たち! 実は庶民には程遠かった華麗なる芸能人5選

芸能界に“実家が太い”タレントがけっこういるのをご存知でしょうか。曽祖父が歴史的に高名な人物、父親が大会社の社長、海外にお城のような実家がある などなど…。今回は男性限定で、様々な“ボンボン”を紹介していきたいと思います。

まず若手タレントでダントツのボンボンといわれているのがジャニーズ事務所に所属するSexy Zoneのマリウス葉さん(19)です。マリウスさんは元タカラジェンヌの母とドイツ人の父を持ち、自身はドイツ語、英語、日本語が話せるトリリンガルで、上智大学国際教養学部在学中の高学歴の持ち主。実家はドイツ有数の観光地であり、高級住宅街でもあるハイデルベルク。

「マリウスさんの実家は代々不動産業を営む貴族の名家で、実家は1100坪もある大豪邸とのことです。母親は黒木瞳さんや真矢みきさんの同期である燁明(ようあきら)さんで、母親も神戸の名家の出身。曾祖父母が住んでいた大豪邸には昭和天皇の弟である高松宮様がよく遊びに来ていたとのことです」(週刊誌記者)

そんなマリウスさんが入所前に憧れていたというのが嵐の櫻井翔さんですが、こちらも言わずと知れた超ボンボン。慶應幼稚舎から慶應大学まで進学した生粋の慶應ボーイです。

「父親は元総務事務次官の桜井俊。父母ともに群馬県出身で、母親は上毛新聞の創業者の家系だという話です。実の妹が日本テレビでニュース記者をしていたり、本人も『news zero』のキャスターに抜擢されていることから、読売グループに強いコネを持つと言われていますね」(同上)

関連記事:嵐・櫻井翔くんが『NHK紅白歌合戦』で見せた”顔面の異変”は何だったのか……徹底取材しました | TABLO