ザ・武勇伝! 平成も最後だし時効だよね? ギョーテン理由でCMを降板してしまった芸能人たち

高額な契約料が発生するため、絶対にトラブルはご法度なのがCMタレント。それなのに、どうしても起こってしまうのが“降板騒動”ですよね。平成も最後ということで、芸能界で伝説になっている降板事情をいろいろと振り返っていきたいと思います。

参考記事:降板といえばこの人! NEWS小山慶一郎の評判が最悪なのに「未成年飲酒騒動」の現場に同席していた友人が統一地方選出馬か | TABLO

関係者によると、ありがちなのはタレントの妊娠によるCM降板とのこと。その中でも話題になったのが、ミュージシャンの大塚愛さんだといいます。大塚さんは2010年6月にRIP SLYMEのSUさんと結婚した直後、出演していた避妊カレンダーサイトである「ルナルナ」とアサヒビール「slat」を即降板。そして同年9月に自身のコンサートにて妊娠3ヶ月であることを公表、2011年の3月に女児を出産したことを報告しています。このあまりにも流れるように進んだ結婚からCM降板、出産までの経緯に、ネットでは「実は授かり婚だったが、スポンサーの関係で公表できなかったのでは?」という憶測が飛び交ったそう。

「避妊サイトを担当しているのにデキ婚しちゃいました、とは言えないですもんね。またビールCM降板といえば香椎由宇さんにも同じようなことが。香椎さんは2010年9月に妊娠5ヶ月を発表しましたが、同年8月までは『キリンのどこし生』のCMに出演していたんですよ。もし8月までに妊娠が週刊誌にすっぱ抜かれていたら、放送取りやめとなり違約金が発生した恐れも…。そんなわけで、事務所もビールのCM契約期間は絶対に妊娠しないようタレントに言い聞かせているんです」(芸能事務所関係者)

次に、驚くべき事情でCMを降板したと言われているのが、