なぜ、治安が良いとされてきたスリランカで大規模自爆テロが起きたのか 年間5万人の日本人観光客

2019年4月21日にスリランカで発生したキリスト教会や高級ホテルを狙った連続自爆攻撃。死者は253人のぼり、そのうち38名が外国人で日本人の吉田香さんも亡くなった。

日本からは年間約5万人の観光客が訪れ、スリランカを紹介するサイトを眺めてみれば、治安も悪くなく、おすすめの国であるいったようなことが綴られている。実際日本人の観光客は8年連続で増加していて、8年前の3倍以上に増えている。まさに今回のテロは多くの日本人にとって寝耳に水だったに違いない。

しかし、10年以上前まで時計の針を戻すと、スリランカは激しい内戦が行われていた。80年代にはじまった内戦は、イギリス植民地時代に南インドから移住してきたタミル人が武装組織タミル・イーラム解放の虎を結成し、スリランカ政府に対して北部の分離独立を求めたものだった。

参考記事:セクハラを訴えたら焼き殺されたバングラデシュの女子学生と同じく、私が見た焼かれるイスラム社会の女性 | TABLO